海の祭レポート

『Mission for 能登』Session2 イベントレポート

オンライン(Zoom) 開催日:2021年5月2日(日)19:00~22:00

毎年5月に行われる石川県能登町の「とも旗祭り」。800枚もの紙で作られた巨大な「とも旗」を掲げた舟が湾口を進む姿が特徴的なお祭りで、石川県の無形民俗文化財に指定されるなど、住民の方々の誇りともいえる存在です。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、二年連続で中止となってしまいました。今後祭りがどうなっていくのか不安が募る中、その「とも旗まつり」を未来へとつなげるために、8都道県から集まった9名の大学生が、地域の方々との対話を通じて、祭りの魅力を全国の人に届けるアイデアを考えるプログラム『Mission for 能登』の2回目セッションが行われました。

sessionの流れ

1. チェックイン
2. 担い手のリアルな声
3. 感想共有と作戦会議
4. チェックアウト

1. チェックイン

セッションの始めとなるチェックインでは、前回のキックオフセッションから動き出しているグループに分かれ、グループ内で今回のセッションで担い手の方から聞きたいこと、得たい情報などの確認を行った後、全体のグループで進捗状況をシェアしてもらいました。

2. 担い手のリアルな声

続いて、「とも旗まつり」の担い手の方をお呼びし、祭りが2年連続で中止になったことに対する率直な想いや、これまでの祭りの最高の瞬間など、とも旗まつりについて熱く語って頂きました。また、来年度中止になってしまった時に一番恐れている事を話して頂いた際に、「(とも旗まつりは)中学生が主体となって作っているお祭りとも言えるので、3年連続で中止となってしまった場合、地元に高校がないため祭りの良さを味わえずに外に出て行ってしまうので、今後に響くかもしれない」という祭りの継承に関するお話も聞くことが出来ました。

また、担い手の方に横笛と太鼓で祭り囃子を実際に披露して頂き、担い手の方の熱い話と相俟って、より祭りの姿をリアルに感じることが出来る時間となりました。

3. 感想共有と作戦会議

担い手の方のお話を聞いた後は、「印象に残った言葉」をテーマにグループ内で感想共有をしてもらい、30日のお祭り(ワークショップ)で伝えたいことを考える時間となり、「お父さんがヒーローになれる日」「仲間でやる達成感」「大人になる通過点」など様々な意見が飛び出しました。その中でも、特に伝えたいことをグループで3つに絞ってもらい、それを軸に、30日のお祭り(ワークショップ)の構想を進めて貰う予定です。

4.チェックアウト

セッションの最後であるチェックアウトでは、30日のお祭り(ワークショップ)が終わったときに自分がどのような気持ちになっていたら嬉しいか、そして今の率直な気持ちを話して貰うものでしたが、「単なるワクワクだけではなく、お祭りへの認識がもう一段階変わった」「地元の方のとも旗祭りに対する熱い思いを聞いて、そこから何が出来るのか広げられることが出来た。祭り前日のようなワクワク感、緊張感も有、全員で30日まで走って行きたい」という感想で、方向性が定まった様子でした。これからそのワクワク感をどう具体化していけるか、期待が膨らみます。 
                                            (記事:藤井 大地)

<next>Session3の様子はこちら

【コロナ禍の海の祭】人口減少により静かな危機を迎えた島の祭りの新たな挑戦

宇久島竜神祭/ひよひよ祭り(長崎県佐世保市)

長崎県の五島列島の最北に位置する宇久島。その宇久島の南西部の神浦では約300年の歴…

【コロナ禍の海の祭】熱い海の祭りのアツい想いを繋ぐ

熱海こがし祭り(静岡県熱海市)

毎年7月15日、16日に行われ、各町内から伝統の木彫り山車や装飾山車など30 数基の山…

【コロナ禍の海の祭】コロナ禍における祭の意識調査を実施しました

マツリズムは、新型コロナウイルス感染症による生活の変化が、祭に対する意識にどの…

江差の1年はこの日のために 祭りがつくるまちの団欒

姥神大神宮例大祭(北海道江差町)

北海道江差町で毎年8月9,10,11日に開催される姥神大神宮渡御祭は、北前船によりも…

城下町に現れる絢爛豪華な水上アリーナは10年先を常に見据える

ホーランエンヤ(島根県松江市)

ホーランエンヤは、10年に1度行われる松江城山稲荷神社の式年神幸祭の通称。国宝の松…

最北の島の漁師の祭り、昔と今を繋ぐ想い

礼文島厳島神社例大祭(北海道礼文町)

日本最北の島、礼文島。現在は、漁業と花の島として夏には多くの観光客も訪れますが…

マツリズム公式SNS

活動の様子をいち早くお届けしています!